「Cycling for Charity 2022 in 軽井沢」終了(2022/10/8-10/11)

2020年にも実施を行ったチャレンジ・ライドの2022年版「Cycling for Charity 2022 in 軽井沢」を行い、無事全員がゴールしました!ルートは東京から出発し、軽井沢まで2泊3日で約200キロを走破するコースです。

 

Day1:葛西臨海公園 → 江戸川サイクリングロード → 茨城県堺市 約72km

Day2:茨木県境市 → 群馬県安中市 約105km

Day3:群馬県安中市→ 碓氷峠 → ゴール軽井沢駅  約44km


この数年はコロナ禍の為、規模やアクティビティを控えたライド企画に限定して行ってきました。今回は準備や体調管理に十分気を付けながら、これまでより人数も少し広げて実施しました。1日、2日のみの参加者を含め、参加者全員怪我や体調不良もなく、無事ゴールできたことを感謝します。


2020年の「軽井沢チャレンジ・ライド」に続き、今回もチャレンジャー2名が挑戦しました。チャレンジャーのふたりには、今回のプロジェクトでの目標や、毎日の目標と振り返りのインプットをおこなってもらいました(事前練習会を含む)。各チャレンジャーには2人のメンターが付き、それらのメンターがチャレンジャーに毎日コメントを返すというコミュニケーションを行いました。


単にライドプロジェクトに楽しく参加するだけではなく、ライドに”目的意識”を持って参加してもらうこと、また、他の参加メンバーとの深い”コミュニケーション”を取ってもらえるようなプログラムとしています。

3日間のライドチャレンジは終了しましたが、「Cycling for Charity 2022 in 軽井沢」のライドチャレンジプロジェクトとしては、プロジェクトレビュー(チャレンジャーが、このプログラムを通して感じたこと、学んだことをプロジェクトメンバーに発表します)を持って完了となります。


私たちが企画しているライド・チャンレジは、サイクリング・フォー・チャリティの『すべての子どもが、自分の思い描いた未来へ自由にチャレンジできる社会の実現を!』のビジョンに共感し、それに貢献したいという思う参加者のチャレンジ企画です。そして、このチャレンジに参加したチャレンジャーたちが、自分が経験したこと、感じたこと、成長したことを、それを体感した当事者が次の代や周りの子どもたちに伝えてくれることが、我々のミッションにも通じてくると信じています。


サイクリング・フォー・チャリティでは、「すべての子どもが、自分の思い描いた未来へ自由にチャレンジできる社会の実現を!」のビジョンのもと、これからも、ライドチャレンジ企画などを、計画していく予定です。今後とも応援をよろしくお願いします。





《みなさまへ寄付のお願い》


サイクリング・フォー・チャリティ(CFC)はこれからも、若者・子供達が大きく目標を持ち、目標に向かってプランをたて、練習とチームワークを重ねて目標を達成するプロセスをサイクリングを通して経験できる機会を与えて行きたいと思っております。皆様からの寄付金はチャレンジャーの子供達の参加費用にあてたり、児童養護施設への寄付、又は他のNPO団体を通して奨学金として使っていただけるように寄付などを行っております。


このような活動を継続するには沢山の方からの応援をして頂く必要があります。少しでも応援して下さる方は以下のホームページから寄付をしていただけると幸いです。大切に今後の活動と寄付に使わせて頂きます。(銀行振り込み、又はクレジットカード可)


なお、今回のプロジェクトでのチャレンジャーの宿泊費・交通費は、これまでに皆さまにご協力いただいた寄付の中から使わせていただいております。


https://www.cyclingforcharityjapan.com/get-involved

今後ともCFCの活動への応援をよろしくお願いいたします。



閲覧数:58回0件のコメント

Facebook

Facebook では、練習会やライドプロジェクトのお知らせ、当日の様子などをご紹介しています。
ぜひフォローをお願いします♪
https://www.facebook.com/cyclingforcharityjapan/

 

Instagram

Cycling for Charityでは、Instagram にも活動の様子をアップデートしています。

​ぜひフォローお願いします♪

https://www.instagram.com/cyclingforcharity/