CHARITY CYCLISTS

チャリティ・チャリダー

プロジェクトリーダー & チャリティ・チャリダー: ようすけ

子供の時からスポーツが大好きで、サッカー、バスケットボール中心で育った。2013年、クロスバイク購入をきっかけで自転車の楽しさ発見。その後、週末を中心にサイクリングを趣味としています。

2015年の夏休みに、好きな自転車で初の一人旅をする事にし、どうせなら社会貢献を!と思い「チャリティチャリ」プロジェクトを企画、実行。

Project Leader & Charity Cyclist: Yosuke

Yosuke loved sports growing up, especially soccer and basketball.  2013 was the year when he bought his first cross-bike, and realized how fun cycling can be, and have been an avid weekend cyclist since.  In the summer of 2015, Yosuke decided to do his first solo cycling trip and launched the "Cycling for Charity" project.

チャリティ・チャリダー: カルロス

カルロスはアウトドア好きで、第2回のチャリティチャリの為にアメリカから参加。トレーニングを数週間しただけで長崎~尾道へ600キロ完走。

Charity Cyclist: Carlos

Carlos has always loved the outdoors. He trained for several weeks and flew from the US to join the 2016 trip.  He rode 600 kilometers (375 miles) on his first long trip!

チャリティ・チャリダー: みなこ

第一回目からチャリティチャリのスポンサーとして参加。ヨガ、ランニング、スノーボード等、運動とアウトドア好き。最近サイクリングを始めて今年はチャリティチャリにチャリダーとしてチャレンジ。

Charity Cyclist: Minako

Minako has been a sponsor of Cycling for Charity from the first project in 2015.  She loves sports and the outdoors, and enjoys yoga, running and snowboarding.  She recently started cycling, and will be joining as a cyclist for this year’s Cycling for Charity.

チャリティ・チャリダー: りくお

4月から高校3年生。去年はカナダの自転車のチャリティイベントに参加。チャリティチャリ2016はスポンサーとして親と参加。 今年は日本でチャリダーとして長距離旅へ初チャレンジ。

Charity Cyclist: Rikuo

Rikuo is in his last year as a high school student.  Last year, he participated in a cycling charity event in Canada. This year, he will be joining as a cyclist for his first long distance bicycle trip.

チャリティ・チャリダー: きょうこ

子供の時からスポーツとアウトドア好きで、学生の時はラクロスの選手。最近ビアンキのクロスバイクを購入して今年はチャリティチャリにチャリダーとしてチャレンジ。

Charity Cyclist: Kyoko

Kyoko has always liked sports and the outdoors, and was a lacrosse player as a university student.  She recently bought a Bianchi cross bike, and will be joining as a cyclist for this year’s Cycling for Charity.

チャリティ・チャリダー: ひろし&ゆうや

親子でスポーツ好きで、パパは朝のジョギング、長男はサッカーと空手。親は以前からチャリティチャリのスポンサーとして参加。今年はトレーニングをして、チャリダーとして親子で参加。

Charity Cyclists: Hiroshi and Yuya

Both father and son enjoy sports: father enjoys the morning jogs, and son plays soccer and karate. Parents were sponsors in the previous projects, but this year, father and son will train and ride as Charity Cyclists.

チャリティ・チャリダー:キース

過去には東日本大震災の犠牲者の為に家を作るなどの様々なチャリティープロジェクトに参加。大学生時代に陽介が働く企業でインターンを経験。それがきっかけで今年のプロジェクトに参加する。

Charity Cyclists: Keith

In the past, Keith has been a part of several charity projects such as building houses for the victims of the Tohoku Earthquake. Keith met Yosuke as an intern and have always been interested in being a part of Cycling for Charity.

チャリティ・チャリダー: しょうた

しょうたは以前から子供と関わる社会貢献が豊富。その上大学では自転車部に所属していた為、このプロジェクトは以前から関心をもっていた。去年は大学の自転車部で2000キロを経験しているので、今年はチャリダーとして参加してくれるのは心強い!

Charity Cyclists: Shota

Shota has experience volunteering and working with children.  He was in the cycling club in his university, so he has always been interested in Cycling For Charity, and was a sponsor last year. He experienced cycling 2000km with his cycling club last year, so having him join the project is a huge boost for the team!

チャリティ・チャリダー: かずき

中学高校大学と部活で水球をやっていた体力を活かして、最近は自転車を趣味としている。現在は製薬関連会社で働いており、日々病気の患者さんに役立ちたいと思い仕事をしています。今回もプロジェクトを通して社会に役立ちたいと言う気持ちでチャリダーとして参加。

Charity Cyclists: Kazuki

Kazuki played water polo from junior high school all the way through university, and is using the stamina he built over the years in his most recent hobby, cycling.  He us currently working in the pharmaceutical industry, and hopes to make the lives of patients better through his work.  Through the Cycling For Charity project, he wants to make a positive impact to society.
 

チャリティ・チャリダー: マオール

マオールは子供の時は馬術を趣味としていて、自転車との出会いは数年前で、一時期はサイクリングチームにも入っていた。子供と関わる社会貢献の経験もあり、このプロジェクトに関心をもった。若いパワーでプロジェクト後半を引っ張ってくれる事に大きく期待を!

Charity Cyclists: Maor

Maor use to compete in equestrian growing up, and started cycling a few years ago.  At one point, he was part of a cycling team.  Maor has experience working with children at summer camp, which got him interested in this project.  We expect him to bring lots of "youth power" to the second half of the project!