すべての子どもが、自分の思い描いた未来へ自由にチャレンジできる社会の実現を!

Who We Are

私たちサイクリング・フォー・チャリティーのビジョンは「すべての子どもが、自分の思い描いた未来へ自由に

チャレンジできる社会の実現を目指すこと」です。さまざまな背景や文化、成育環境を持つ子どもたちが積極的に

社会性を身に着ける機会を提供し、一人でも多くの方々に子どもたちが直面する教育格差の課題に対する

認知度を高める活動を行っています。

経済大国である日本においても、貧困という社会課題を抱えています。日本の子どもの7人に1人が平均水準よりも低い収入で生活をする「相対的貧困*」状態にいます。(*相対的貧困:先進国の貧困の割合を図る基準。<国民の等価可処分所得の中央値の半分未満>という方法で算出されます。

貧困は将来を担う子どもたちにさまざまな問題を生んでいます。貧困であるがために塾に行けずに進学をあきらめる、進学できたとしても勉強やアルバイトの両立ができずに中退してしまう、教育格差により就職にも差が出て貧困が繰り返される、ということにつながります。進学や就職だけではなく、心の問題につながることもあります。劣等感や自暴自棄などから、将来についてどうでもよくなってしまうといった「自己否定感」を生んでしまう可能性もあります。

2015年に一個人の活動から始まったサイクリング・フォー・チャリティーは、掲げるビジョンに一歩でも近づきたいという思いから、活動の幅を広げるために2019年10月に法人化し、特定非営利活動法人サイクリング・フォー・チャリティーとして新しくスタートしました。

■ご協力についての詳細は下記をご覧ください■

寄付金の使い道

donation2.jpeg

​子どのたちの挑戦への旅費サポート

サイクリング・フォー・チャリティでは、2019年以降の長距離ライドプロジェクトにて、困難な環境に置かれる子どもたちが長距離ライドに参加をしています。その旅費に活用させていただきます。ライドへの挑戦・達成だけではなく、普段接することが少ない大人たちとのコミュニケーションが彼らにとっての貴重な体験として残ります。このような経験から得られる「自己肯定感」が、彼らの明るい未来に大きな影響を与えると信じています。

donation.jpeg

児童養護施設への寄付

​サイクリング・フォー・チャリティの活動の一つとして児童養護施設の訪問を行っています。訪問の際には、自転車を活用したゲームやクイズを行って施設にいる子どもたちとコミュニケーションを行っています。一部の寄付金は、訪問した施設へ直接寄付させていただきます。

 

~ライドに挑戦した子どもたちの声~

※個人情報保護のため写真は掲載していません。

「このチャレンジのために、練習をしてきた。3日間の挑戦だったけど、無事ゴールができてうれしかった!また来年も挑戦したいと思ったし、後輩にも挑戦させてあげたいと思った。」

K君(当時 15歳)
2019年四国ライドに3日間参加

今までのプロジェクト

Our Journey

第一回「2015年チャリティチャリ:東京から石巻」

7月末の5日間かけて一人旅、東京から南三陸、最終的には石巻市の日和山公園をゴールとして536.6kmを乗り、93人のスポンサーから633,066円の寄付を全額以下の2つの団体に寄付をしました。

1) 東日本大震災復興支援

(東京YMCAの支援活動に使われます)
http://tokyo.ymca.or.jp/sien/311/
2) 児童養護施設からの進学を応援する奨学金支援プロスラム

「カナエール」
http://www.canayell.jp/

第二回「2016年チャリティチャリ:長崎から神戸」

二回目の為目標は大きくもち、距離と金額共に2倍を目指しました。季節もサイクリングに最高のゴールデンウィーク

の10日間をかけて1049.5キロを乗り切りました。前半の600キロは友人カルロスの合流に加えて、

沢山のサポーターが運営に関わって頂き、大変心強かったです。

結果はスポンサー158人、寄付額は1,804,491円集まり、全額を児童養護施設からの進学を

応援する奨学金支援プロスラム「カナエール」に寄付をしました。

http://www.canayell.jp/

第三回「2017年サイクリング・フォー・チャリティ:東京から北海道」

2017年の夏は子供達の教育格差をなくす為に2551キロをサイクリングしました。今回は複数のライダー、サポーターのチームで完走を目指しました。

第四回「2018年サイクリング・フォー・チャリティ:東京から北海道(第2回目弾)」

2018年の夏も2017年同様に、東京から北海道までをつなぎました。4つのチームに分かれてたすきをつなぎました。

第五回「2019年サイクリング・フォー・チャリティ:3つのチャレンジ」

2019年は3回の長距離ライドプロジェクトを実施しました。5月には四国一周1000キロプロジェクト、7月には長距離北海道ライド、そして12月には初めて海外(オーストラリア)にてライドプロジェクトを実施しました。四国と北海道のライドには、我々がプロジェクトを通して支援している施設の子どもたちも複数参加しました。

2020年~

“NPO法人サイクリング・フォー・チャリティー”として再出発します!

​2020年のライドスケジュールはこちら

Contact Us

​​プロジェクトやイベント等に関するお問い合わせは、下記Eメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。

 
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

©2019 by Cycling For Charity. Proudly created with Wix.com